×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニ講座「紫微斗数占星術@」

紫微斗数占星術ってなに?

中国の有名な物語に、
封神演義という怪奇小説があります。

殷という国が、千年狐狸の化けた美女によって滅ぶ話です。
皇帝である紂王が、妲己という、妖狐の化身にたぶらかされて、
国がめちゃめちゃになるのです。

最近では、ゲームや漫画などで、モチーフとして良く使われていますが、
非常にファンタジックな話です。
西遊記などと並んで、人気があります。

紫微斗数占星術は、
この物語をモチーフにした星占いです。

物語の登場人物が、一つ一つの星になり、
その配置をみることで、人の性質や運勢を見る占術です。

メインになるのが紫微星です。
紫微星は、周を建国した文王の息子、伯邑と言われています。
幽閉された父を助けにいくのですが、
妲己の罠にかかって処刑されてしまいます。

この星を中心に、たくさんの星たちが、
命盤にちりばめられていくのです。

たくさんの星を配置して、
それぞれの位置と星の性質から、
かなり複雑な鑑定が、可能になります。

ただし、生年月日のほかに、生まれた時間と場所の情報が必要となります。
生まれた時間が重要なので、
それがわからないと、正確な命盤を作成できません。