×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニ講座「紫微斗数占星術A」

命盤のイメージ

紫微斗数占星術では、12の宮にたくさんの星を配置し、
入っている星のイメージから、運勢を読み取ります。

メインになるのが命宮で、
全体をここで見ます。

星がたくさんあるのですが、
まずは主星と呼ばれる、影響力の強い星14個を配置します。

そのトップが紫微星なのですね。

紫微が率いる北斗の星星と、
天府が率いる南斗の星星があります。

星にはそれぞれのイメージがあり、そのイメージを重ね合わせていくのです。

主星には、善悪はありません。
良く出れば運が良くなるし、悪くなると、破壊的になる星もあります。

そのあと、副星を配置していきます。
副星には、善悪があります。

吉星ならば、物事はポジティブな方向に、
凶星ならば、 物事はネガティブな方向に向かいます。

ただ、それも使いようで、
凶星の性質をうまく利用できれば、
大いに成功することも可能です。